初期「エネマ痴帯」アンソロジー 暴辱浣腸プレイ肛悦回想録



長い嘆息短い悲鳴に止まらない冷や汗、美女たちを限界まで苦しめる浣腸液の冷たい圧力。やがて絶望の瞬間は訪れ、堰を切り飛び散る排泄物…当時、新興レーベルのノワールはエネマニアたちの強い要望に応えるべく他のプレイを全てカットして浣腸シーンのみで構成するベスト物「エネマ痴帯」をスタートした。悲嘆奴隷たちの羞恥反応は十人十色、強烈な便意に耐えかねる浣腸美女たちの生々しい痴態はまさに生唾ものである…。



作品詳細

女優名 貴龍沙月
レーベル Cinemagic Memorial
監督 渡久地ユウジ
価格 1,980円
商品番号 cma00074

関連記事

新着アダルト動画サンプル

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 07日

    現代の浣腸モノ動画は「出すのありき」でやってて、「羞恥」という部分がなんか余り感じ取れ無い(作品としてはありきなのだが…)
    それに比べ、やはり過去作品の浣腸モノは、羞恥心が前面に押し出されており、久しぶりに見れた作品も「やはり求めてるのはこれだわ」と、納得出来る内容。
    特に嶋田氏の作品は何十年経っても忘れて無い、すべての演出においてすばらしい内容
    とても楽しく見れました

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最新のコメント

アーカイブ

おすすめリンク

ページ上部へ戻る