人妻アナル調教 〜夫の家族が仕込む解禁アナルFUCK〜 佳苗るか



人気女優・佳苗るかMadonna初登場×解禁&覚醒アナルFUCK!!製薬会社で働くるかの夫・豊が<新薬>を開発―。一躍時の人となった豊の居場所を嗅ぎつけた豊の父・健一がるかの前に現れる。夫とは違いガラの悪い健一から金を無心され悩んでいたそんなある日…事件が起きてしまう。るかに対し突如始まる健一の<アナル調教>…。さらには豊の母、兄弟さえもるかの元を訪れアナルへ容赦のない攻撃を加え初め…。



作品詳細

女優名 佳苗るか
レーベル Madonna
監督 豆沢豆太郎
価格 300円
商品番号 jux00997

関連記事

新着アダルト動画サンプル

コメント

    • 匿名
    • 2016年 10月 24日

    未使用ア*ルを変態集団におもちゃにされる佳苗るかの新鮮な表情・反応がとてもいい作品だと思います。
    ただ、NGプレイ解禁系の作品なので最初から、「佳苗るかのア*ルをじっくり開発していき、その過程や表情や反応を楽しむ」というもっとシンプルな台本でも良かったのではないかなぁと思いました。個人的な印象ですが、シナリオがかなり突飛です。

    • 匿名
    • 2016年 11月 08日

    佳苗るかちゃんのマドンナ作品にして、解禁&覚醒アナルFUCKのトリプル要素の作品です。初登場なので軽めなのかなと思いましたがガッツリやります。アナルが苦手な方は二の足を踏みますが、その分るーちゃんが綺麗で可愛いです。

    • 匿名
    • 2016年 11月 08日

    佳苗るかさんのあどけない表情とは裏腹にエロい表情がたまりませんね。アナルFUCKに目覚めていく様がいいですね。

    • 匿名
    • 2016年 11月 08日

    佳苗るかさんマドンナ作品初出演作品。マドンナは基本熟女系の女優が出演するが、これからもマドンナ作品に出演してほしいと思える作品。

    • 匿名
    • 2017年 6月 08日

    成功して金が入った家にDQN家族が押しかけるというありそうな話。
    この監督、あまり脚本センスはないが、この作品は段取りがなかなかいい。

    ロリ顔の佳苗るかに合わせて夫役も学生っぽさのある男優を使い、
    純朴で幼さが残る夫婦設定にしたのもDQN家族のガラの悪さとの
    対比になって演出として効果的。

    まずは急に押しかけて来た義父に襲われ、オッパイや尻を剥き出しにされて
    これからアナルを犯してやると宣言されて驚愕。今まさにぶち込まれる寸前に
    旦那が帰宅して難を逃れるアナルレ●プ未遂から始まる。

    その日の夜に、寝てるベッドに義父がやってきて連れ出されるんだけど、
    嫁が「何の用ですか?」って、いやいやアナルレ●プの続きに決まってるじゃん。
    分かってるだろうに夫を起こすでもなく、ついてっちゃうんだ?ってあたりに
    幼な妻の嫌がってるふりして内に潜んだアナルレ●プ願望が見え隠れしてエロい。

    そういう流れだから、表面的には拒みながらアナルレ●プに魅せられてしまった
    女心の機微を表現する女優の演技力が絶妙なさじ加減。ガチレ●プなら
    ぬるいけど、そういうんじゃないんでこれでちょうどいい。

    夫の家族を拒む気持ちと、追い出したらもうアナルを犯してもらえないという
    葛藤が見え隠れするドラマ的な演出もなかなか。どちらかといえば全裸主義の
    監督だけあって、女優のきれいな裸体がAV的な安物衣装で隠されちゃわないのも
    ポイント高め。

    二穴同時挿入が、抜き差し中心のアングルになっちゃったのが
    ちょっと弱いかなと言うのが減点事項。このへんはアナルものを
    撮る監督が陥りがちな弱点だろう。もうちょっとマ○コとアナルを
    同時に犯●れる女の表情と言うものを大事にしてほしかった。

    • 匿名
    • 2017年 8月 19日

    佳苗るかさんは、喘いでいる声や表情がとてもいい、サンプルを見て期待しましたが、期待通りの作品です!ただ、期待以上ではなくて期待通りです。
    アナルの虜になるまでの過程と、虜になった後の牝の姿に深みを持たせて欲しかった。
    「生徒に自宅を乗っ取られた・・」シリーズのような展開にして、夫のいない1週間で変貌する人妻を描いて欲しかった。
    1日目義父にアナルを犯●れる・・2日目義母も加わり更にいたぶられる・・3日目義兄弟も加わり更にいたぶられる・・6日目いいなり状態の牝になり自分からアナルを求める・・

    牝に落ちた後の佳苗るかさんをじっくり見たいので、150分~180分ものにして欲しい。
    今後に期待します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最新のコメント

アーカイブ

おすすめリンク

ページ上部へ戻る